仲介料最大無料 売買(こちらのサービスは個人のお客様対象とさせて頂きます)

仲介手数料を最大無料(または減額)にできる理由。

まず始めに仲介手数料の仕組みをご説明をさせていただきます。

一般的に売買において不動産業者にお仕事を依頼し無事成約完了すると、

仲介手数料が発生いたします。

 

例えば、3000万円の不動産を購入した場合の仲介手数料は96万円+消費税となります。

2000万円の物件の場合は 66万円+消費税

4000万円の物件の場合は 126万円+消費税

計算式は売買金額の3%+6万円+消費税となります。(400万円以上の売買金額の場合)

 

このように仲介手数料は売買金額が高いほど金額が上がっていきます。

仲介手数料は購入にかかわる諸経費のうち、1番の割合を占める高額となります。

 

 次に不動産取引の仕組みをご説明いたします。

 

 

 

売主様と買主様の仲介に業者1社の場合    

  

 

上記図のように不動産業者が1社の場合、不動産業者は売主様、買主様より各々仲介手数料を頂戴いたします。業界では両手取引といいます。

(新築住宅や不動産業者が売主の物件が該当する事が多いです。)

 

売主様と買主様の仲介に業者2社の場合(売主様、買主様それぞれに業者がついている)

      

上記図のように不動産業者が2社の場合、売主側不動産業者は売主様より、買主側不動産業者は買主様より仲介手数料を頂戴いたします。業界では片手取引といいます。

(中古住宅や個人が売主の物件が該当する事が多いです。)

 

これが仲介手数料の仕組みです。

 

それでは、先ほどの仲介手数料の計算のところに戻ります。

3000万円の物件の手数料は96万円(税別)です、両手取引の場合は192万円(税別)となります。

これが不動産会社の収入となるのです。

 

そしてなぜ仲介手数料を最大無料(売主様が不動産業者のみ)にできるかというと

・広告費等の無駄を極力おさえインターネットでの物件情報を提供いたします。

・人件費を最小限に抑えます、小さな会社ですので経費かかりません。

・そして私の想いです。買主様にとって、人生最大の買い物を少しでも安く、また1年でも早く購入を実現していただきたいのです、賃貸住宅にお住まいの方は毎月の家賃を購入の資金へと充てる、賃貸のお家賃をいくら払っても自分の物にはなりません。多くの方が住宅ローンを組みます。どうせ払うなら自分の資産にお支払した方がよいと思います。

給与は変わらない、もしくは下がる、税金は上がる、子供が大きくなるにつれて増々お金もかかります。 もし仲介手数料がかからなければ、その分他に回せるのではないでしょうか。 

 

このような事から、両手取引の場合は買主様からは仲介手数料いただきません。弊社は売主様より仲介手数料をいただきますのでご安心ください。

 

仲介手数料を頂戴しないからと言って、手を抜くという事もありません。

物件見学も当然同行させていただきます。

物件調査、契約書作成、住宅ローンのご提案、お引渡しの立会、所有権移転の手続きすべて他社同等以上のお手伝いさせていただきます。

 

もし、売買取引において不動産業者が2社ある場合(片手取引の場合)は正規仲介手数料より20%割引にてご対応させていただきます。

 

分かりづらいと思いますのでお気軽にお問い合わせお願いします。

しつこい営業等は一切ございません、ご安心ください。

すべてのご対応を私、岡村 俊彦にて行わせていただきますので、安心してお任せ下さい。

 

 

町の不動産屋として、多くの人を幸福にして、そこにかかわる人達も幸福にする会社を目指したいと思っております。